中国トラック交通共済協同組合Chugoku Track Traffic Mutual Aid Cooperative Society

沿革

沿革

中国トラック交通共済協同組合は、広島・鳥取・島根・山口4県のトラック運送事業者の健全で安定した経営を支援するために、昭和54年に広島県広島市にて組合活動を開始しました。

以降、広島・鳥取・島根・山口4県の組合員の経営の安定を図る事を目的に、共済事業を通じて貨物自動車運送事業の健全な発達に資する活動を続けています。

沿革(平成29年4月1日現在)
昭和54年12月18日
  • 中国トラック交通共済協同組合設立
  • 全国トラック交通共済協同組合連合会(以下連合会)に加入
昭和54年12月21日
  • 主たる事務所を広島市西区南観音7丁目10番26号(広島県トラック会館内)に、支部を鳥取市、松江市、山口市におき業務開始
  • 対人共済:共済金限度額 5千万円までの5種類
  • 連合会と再共済の引受に関する基本契約を締結
昭和55年1月17日
  • 公正取引委員会へ届出
昭和55年8月1日
  • 福山市に駐在員を配置
昭和56年5月18日
  • 連合会と労働災害補償共済代理所委託契約を締結
昭和59年7月1日
  • 対人共済:共済金額1億円の新設
昭和62年7月1日
  • 広島県地区において対物共済及び車両共済の取扱い開始
  • 対物共済:共済金限度額 500万円までの5種類
  • 車両共済:共済金限度額 500万円までの10種類
昭和63年4月30日
  • 主たる事務所を広島市東区光町2丁目1番18号(広島県トラック総合会館4F)に移転
平成5年7月1日
  • 対人共済:共済金額2億円の新設
平成6年7月1日
  • 対物共済:共済金額1千万円の新設
平成7年4月1日
  • 山口県地区において対物共済及び車両共済の取扱い開始
平成8年7月1日
  • 搭乗者傷害共済の取扱い開始
  • 搭乗者共済:共済金限度額 500万円までの2種類
平成9年7月1日
  • 対人共済:共済金額無制限の新設
平成10年4月1日
  • 島根西部駐在所の設置
平成10年7月1日
  • 鳥取県、島根県において対物共済及び車両共済の取扱い開始
平成11年11月17日
  • 創立20周年記念式典行事(リーガロイヤルホテル広島)
平成12年4月1日
  • 安全運転適性診断車(アンサー号)を導入し運用を開始
平成13年10月1日
  • 自賠責共済の取扱い開始
平成15年7月1日
  • 対物共済:共済金額1億円および無制限の新設
平成18年10月23日
  • 島根支所を出雲市に移転
平成19年3月20日
  • 島根支所と統合のため、島根西部駐在所の廃止
平成21年3月23日
  • 主たる事務所を広島市西区南観音7丁目10番25号に新築・移転
Copyright© Chugoku Track Traffic Mutual Aid Cooperative Society. All Rights Reserved.